ねじ子web

医師兼漫画家 森皆ねじ子

ねじ子のLINEスタンプが発売されています

コミティアありがとうございました

コミティア116お疲れ様でした&ありがとうございました!

今年の夏のコミケには出られないので、次のサークル参加はおそらく今年の冬のコミケになります(抽選に通れば)。よろしくお願いします。(2016/5/29)

2016/5/5 コミティア116

2007年以来、9年ぶりにコミティアに参加します。

5月5日、東京ビッグサイトです。

※コミティアは入場料がかかります(入場にパンフレット購入が必須です)。ご注意下さい。

--今回の搬入商品リスト--

2016/5/5コミティア116 さ18a「ねじ子アマ」

★新刊

平成医療手技図譜【精神編】(1000円)

★既刊

平成医療手技図譜【手術編】500円(※1)
平成医療手技図譜【神経編】500円(※2)
救外戦隊ネラレンジャーzero 600円
クリアファイル100円
ねじバッジ(全5種) 各100円

※1 将来的には商業誌化する予定ですが、結構先になりそうです。
※2 『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』にほぼ収録されています。

 

 

 

平成医療手技図譜 【精神編】

psyco

平成医療手技図譜 精神編 A5/116P/1000円

2016/5/5コミティア116 さ18a「ねじ子アマ」

平成医療手技図譜、9冊目のテーマは精神科です。手技図譜と銘打っていますが、今回は「手」の技のお話はほどんどありません。言動や行動がおかしいと感じる患者さんが目の前に現れたとき、医者は頭の中でどう考え、行動し、診断していくのかについて書きました。どちらかというと「脳」の技の解説ですね。

精神の病気はいっぱいあります。そもそも、目の前にいる患者さんが病気なのか?正常の範囲内なのか?を考えるのが、精神科診療の第一歩です。国際的な診断基準であるDSM-5やICD-10の本を見れば、精神疾患の定義がすべて網羅されています。診断に必要な項目も、バッチリ全部書いてある。でも、それらすべてを丸暗記することはできませんよね。どうしても「重みづけ」が必要になってくる。では、どうやって「重み付け」をすればいいのか。

現場で必要なのはいつだって「重い病気の順番に考える」ことです。重症を見逃してはいけない。今すぐ死んでしまいそう(精神科の場合は自殺してしまいそう)な人を、おうちに帰してはいけない。これはどんな診療科でも同じです。精神科だって例外ではないはずだ!という視点に立って、私はこの本を書きました。今までにない本が作れたと自負しています。

目次:
・心の病って、なに?
・Sの世界
・躁うつの世界
・Dの世界

今回はページ数の関係で、精神疾患を(重症度の順に)統合失調症・躁うつ病・うつ病の3つだけ取り上げました。残りの精神疾患は続編の『心療内科編』でカバーしたいです。早ければ冬のコミケで出せるといいなぁ。あ、でも今年の冬はポケットモンスターの完全新作サン・ムーンが出るのか。むむむ……。むねん。(曹操の声で)(2016.5.3)

冬のコミックマーケット’15

こぶしファクトリーレコード大賞最優秀新人賞おめでとう!!!!

というわけで、もう大晦日です。今年の冬コミは手技の新刊はありません。頑張りましたが、間に合いませんでした。しょんぼり。

12/31 3日目 東マ-03b 「ねじ子アマ」

--2015冬 搬入物--

★平成医療手技図譜 【ICU編】1000円
★救外戦隊 ネラレンジャー・ゼロ
★救外戦隊 ネラレンジャー 3rd

(小部数/ディスカウント販売)
★平成医療手技図譜 【針モノ編】【管モノ編】【夜間外来編】【手術編】【診察編】【神経編】【手術編】各500円

(グッズ)
★ねじバッジ(全5種) 各100円
★ICU編デザインA5版クリアファイル 100円

※当日、ねじ子本人は販売ブースにはいません。

『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます

久々に数学書のお仕事です。

技術評論社さんから、「ワナにはまらない」シリーズ第2弾『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます。ねじ子は今回も漫画とイラストを担当しています。前作『ワナにはまらない微分積分』の発売から2年、いやあ、今回も大変だった!本が出ることになって、本当に嬉しい!発売日は2015/9/26です。

高校までの数学の知識を使って、ベクトルと行列を説明しています。ベクトルと行列の本なのに、なぜか多項式の剰余定理から始まる独特の目次構成も大上先生ならではだと思います。

なおこの本は、長らく絶版になっていた『四次元の林檎』を大幅に加筆修正したものです。かなりわかりやすく、生まれ変わっていると思います。旧版を持っている方も新たな気持ちで楽しんでいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、旧『四次元の林檎』ファンのために!技術評論社さんが!またも!粋な計らいをしてくれましたよー!拙著をお買い上げの際は、ぜひ表紙カバーを取って、カバーの裏側を確認してみてください。そっちを表紙として使ってくださっても、良くってよ。

次回作は旧『数学のできる人できない人』のリメイクですね。私も楽しみにしています。『ワナにはまらない』数学3部作はかなり長く時間のかかるプロジェクトですが、ようやく先が見えてきました。(2015/9/3)

『知られざるメディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-』展に行ってきました。

佐賀大学美術館で絶賛開催中の『知られざるメディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-』展に行ってきましたよー!楽しかった!

SUAM1

SUAM2

本格的メディカルイラストレーションの世界をかいま見ることができて、とても勉強になりました。

古典的で写実的な臓器や手術のイラストが多いなか、私の作品はやはりプカプカと浮いていましたが、それはそれでメディカルイラストレーションの多様性が来場者の皆さんに伝わりやすくなったかな、と感じました。「医療イラストにもいろんな幅があるんだ、漫画もアリなんだ」と思っていただければ本望です。

自分の作品の周辺はこんな感じでした。

SUAM3

SUAM4

私の作品(が載っている雑誌)の横に解体新書のレプリカが並べられていて、非常に恐れ多く、穴があったら入りたい気持ちになりました。いやー、解体新書のイラストって、筆で描いたとは思えぬ繊細さで本当に上手ですよね!ちなみにその横にあるのは3Dプリンタで再現した臓器だそうです。新しい!そんな表現方法もありだ!

pamphlet2

撮影禁止ですが、無料でA5の目録がもらえます。一作者につき一作品のイラストが抜粋されて載っています。

pamphlet

ちなみにねじ子の漫画制作パンフレット「NEJIMAN2015」も数量限定で置いてもらいました。

さらに、このメディカルイラストレーション展、今後もいろいろな地域で開催する予定とのことです。東京に来る野望もあるとか!ぜひ来てほしい!楽しみにしています。都会にはこういうの好きな好事家がたくさんいるはず!

ここぞとばかりに佐賀のご当地グルメも食べてきました。九州ってのは何を食べても安くて、おいしくて、自然も豊かな島ですよね。

saga-ramen

佐賀ラーメン。博多ラーメンによく似た、こってり白濁とんこつ。思ったよりスッキリしています。柔らか細めん替え玉なし、が博多ラーメンとの違いだとか。

blackmonb1

ブラックモンブラン。佐賀を代表するアイス会社・竹下製菓の作っているアイス。全国販売のロッテ・クランキーチョコアイスによく似てますが、こちらの方が粒が細かくて多く、アーモンドの味が濃いです。個人的にはブラックモンブランの方がずっとおいしいと感じます。

Sicilian

佐賀県が県をあげて推している(らしい)B級グルメ、シシリアンライス。ライス+レタスやトマトなどの生野菜+甘辛く炒めた牛肉+マヨネーズの大皿をかき混ぜて食べる。シシリア島とは特に関係ない模様。

sagabeef

佐賀牛。うふふ。できたてのステーキを食べられることほど幸せなことって、この世になかなかないですよね!有明湾ののりとイカもおいしかった!

あ、『知られざるメディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-』展は8/23までですよー!お近くの方は是非どうぞ!(2015/8/20)

 

夏じゃん! 見上げる空 青い海

夏のコミケが無事終わりました。お忙しい中そしてお暑い中、当サークルに足を運んでいただいて誠にありがとうございました。

思ったよりも早く無料配布がなくなり、撤退が早くなってしまいました。会場まで来られたのに購入できなかった方もいらっしゃったようで、申し訳なく思います。

次回は冬のコミケ、12月31日に参加予定です。平成医療手技図譜の新刊が出せるといいなぁ。

2015夏コミ(2015/8/14)

東ハ-37a 「ねじ子アマ」

みんな集まる夏じゃん!
今回の医療ジャンルの配置は1日目、8/14の金曜日です。ご注意下さい。(ちなみに次の冬はまた大晦日の3日目に戻る予定です。)

※今回、手技の新刊はありません。
※当日、ねじ子本人は販売ブースにはいません。

--今回の搬入商品リスト--
★平成医療手技図譜【ICU編】1000円(※1)
★平成医療手技図譜【神経編】500円(※2)
★ねじバッジ(全5種) 各100円
★A5クリアファイル 100円
ICUfile
※1 将来的には商業誌化する予定ですが、結構先になりそうです。
※2 商業誌『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』にほぼ収録されています。

上のどれかをお買い上げいただいた方へ、おまけのノベルティがこちらです↓

★NEJIMAN 2015

NEJIMAN2015
16ページの小冊子です。今回の新刊です。
現在、佐賀大学美術館で行われている『知られざる メディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-』展のために制作した小冊子です。会場でも数量限定で無料配布されています。
ねじ子の本の作り方を描いた4コマ漫画になります。(2009年に三省堂書店さん主催の『森皆ねじ子 ヒミツの原画展』を行った際に作った4コマ冊子を時代に合わせて加筆修正しました。)

夏わかめ

2015/8/14(金)コミックマーケット 東ハ-37a「ねじ子アマ」

夏のコミケ受かっています。今回の医療ジャンルの配置は1日目、8/14の金曜日です!ご注意ください。

今回、手技の新刊はありません。冬に出したICU編と、神経編の在庫は少し持っていきます。

100円程度のペラい何かは用意していますので、あとで告知します。とりいそぎ。

知られざる メディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-展

佐賀大学美術館で開催されている

『知られざる メディカルイラストレーションの世界-描かれた からだの神秘-』展 に、漫画とイラストを出展させていただきました。

日本でメディカル・イラストに特化した展覧会を開催するのは史上初めてとのことです。そんな貴重な機会にお声をかけていただき、大変感謝しております。

詳細はこちらです。会期は7月17日(金)~8月23日(日)、観覧無料です。→佐賀大学美術館のHP
佐賀大学美術館メディカルイラスト展示会さんのfacebook に、内部の写真も載っています。

ねじ子もとても楽しみにしています。早く見にいきたい!(2015/7/24)