ねじ子web

医師兼漫画家 森皆ねじ子

ねじ子のLINEスタンプが発売されています

新体制 中身はただの 糞人事

ハロプロ新体制発表動画を見てひとこと。

うーん、これは消化吸収するのに時間がかかるやつだ。とても飲みこみにくい。時間がかかる。ここ最近のハロプロは胃もたれする料理ばかりが次々と出されるなぁ。一連のハロプロ改変の中で、一番最悪のお知らせは藤丼卒業とカントリー解体(ていうか山木cと小関cの更迭)だったので、それに比べれば今回はだいぶマシかな……。楽しみな一面だってあるし。ハロプロを宝塚にして、モーニング娘。=花組、アンジュルム=月組、研修生=宝塚音楽学校にしたいんだな、ってこともわかった。

ちなみに私の移籍先事前予想は
・カントリ三人…まとめてJ=J
・段原、川村…娘。
・一岡…こぶし
でした。移籍先でのメンタルを考えて、移籍組は一緒にしてあげてほしかったのですが、みんなバラバラだったか。残念。

最初に結論を言うと、10年後に25歳になった小関ちゃんが10歳年下の後輩と笑顔で『16歳の恋なんて』を歌う姿を見ることができたら、私ははじめて今回の冷酷な人事を許してあげることができると思う。あ、ちなみに15年たっても私はハロマゲドンを許してませんからね!古参はみんな受け入れている?何を言っているの、私はいまだに「私の大好きだったタンポポとプッチモニを返してよ!」って思ってますからね!あの時の、大好きなおもちゃを取りあげられてしまった子どものような感覚を、今でも決して忘れてないよ!

だからJuice=Juiceファミリーの皆さんが「5人で解散するまで続けてほしかった!きー!」って思うのは当然だと思うし、カントリー・ガールズとももちのファンが「カントリーつぶして新グループってどういうことだよ!ふざけんな!」って気持ちになるのも当然だと思う。大切にしてきた大好きなおもちゃを、知らない人に突然取り上げられて、ぐちゃぐちゃにされてしまったのだから。怒るのも当然だし、こういう時は怒った方がいい。私にも同じ気持ちがある。

ねじ子は古参なので、モーニング娘。に引き抜かれた森戸ちゃんを見ていると、音楽ガッタスから真野ちゃんを引き抜かれた時のことを思い出す。あの時も、やっと育てた可愛い一番人気の女の子を、大きな力によって突然引き抜かれた。音ガタはその後、1ツアーしたのちに消滅。現在の真野cの活躍を見るにそれは正しい判断だったんだろうけど、音ガタが好きだった私はとても悔しかった。そして今回、カントリーはその「1ツアーの猶予」すら与えてもらえなかったのだ。非道である。

そしてカントリー・ガールズのリーダーになるはずだった山木cはアイドルと学業を兼業するために、進路を変更して希望と違った学部に進んだはずである。噂が本当なら、薬学部志望だったのに文転したはずだ。理系女子にとって、これは大きな決断である。私が山木cなら、今ごろあまりの馬鹿馬鹿しさに閉口している。そして、今からでも遅くないからケツまくって勉強して、行きたい学部に入り直すと思う。マジでやってられないよ、ばかばかしい。人の人生をなんだと思ってるんだ。

今回唯一よかったと思うこと、それは入社時の人事の失敗を後から取り返すことができるようになったことくらいだ。現状のハロプロはモーニング娘。一強である。最初に娘。に入れないと、それ以上の待遇は「永久に」望めない。ガラスの天井が確実に存在しているのだ。経営者側が「そんなものはない」「キャリアもノンキャリアも関係ない」「同じように出世できるしチャンスも与えている」と建前を主張するのはたやすい。でも実際は、テレビに出られる機会の多さも、ホールコンサートを実施できる回数も、グッズの売上も、つんく♂曲が提供される確からしさも、ケータリングや楽屋弁当の質でさえも、モーニング娘。とそれ以外のグループの差は歴然としている。モーニング娘。の待遇が段違いでいいのは火を見るよりも明らかなのだ。この格差は、多くのハロメンとハロヲタのモチベーションを露骨に下げてきた。ハロプロに加入した後の努力や歌唱力の向上によってキャリアとノンキャリアの差がなくなっていくのならば、それはよいことだと思う。とういわけで、ロコドルの星・森戸知沙希の今後には期待したい。(2017/7/1)