ねじ子web

医師兼漫画家 森皆ねじ子

ねじ子のLINEスタンプが発売されています

『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます

久々に数学書のお仕事です。

技術評論社さんから、「ワナにはまらない」シリーズ第2弾『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます。ねじ子は今回も漫画とイラストを担当しています。前作『ワナにはまらない微分積分』の発売から2年、いやあ、今回も大変だった!本が出ることになって、本当に嬉しい!発売日は2015/9/26です。

高校までの数学の知識を使って、ベクトルと行列を説明しています。ベクトルと行列の本なのに、なぜか多項式の剰余定理から始まる独特の目次構成も大上先生ならではだと思います。

なおこの本は、長らく絶版になっていた『四次元の林檎』を大幅に加筆修正したものです。かなりわかりやすく、生まれ変わっていると思います。旧版を持っている方も新たな気持ちで楽しんでいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、旧『四次元の林檎』ファンのために!技術評論社さんが!またも!粋な計らいをしてくれましたよー!拙著をお買い上げの際は、ぜひ表紙カバーを取って、カバーの裏側を確認してみてください。そっちを表紙として使ってくださっても、良くってよ。

次回作は旧『数学のできる人できない人』のリメイクですね。私も楽しみにしています。『ワナにはまらない』数学3部作はかなり長く時間のかかるプロジェクトですが、ようやく先が見えてきました。(2015/9/3)

パン太郎とチャレンジ! 看護クイズカード100 その2 検査と検査値編

『パン太郎とチャレンジ! 看護クイズカード100 その2 検査と検査値編』が出ています。検査編です。2014/1/23発売です。
クイズと解説は、ナース専科さんがメルマガで配信してきた 「看護クイズ」をまとめたものだそうです。
今回もパンダとうさぎのイラストをたくさん使っていただいています。とても可愛い仕上がりです。お値段もお手頃です。

quizcard2

いやはや、まさか第2弾が出るとは思っていませんでした。しかも第3弾も?出るっぽい?
ナース専科の皆さんは企画力が高いなぁ。(2014/1/29)

『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』

『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』が出ました。

2013/11/11発売です。書店には2013/11/8くらいから並び始めています。

脳と神経は、人が人であるために最も重要な臓器です。私が私であることの、唯一の根拠である臓器とも言えます。その脳と神経が壊れてしまったとき、医者はどのようにそれを見るか?というお話です。

脳と神経は機能が複雑で、診察の方法もいっぱいあります。手技を丸暗記しようとしても、なかなか覚えられるものではありません。でも、情報の「インプット」と「アウトプット」の流れにそって考えると、病気の状態も理解しやすくなりますし、「今ほんとうに必要な手技」が思いつくようになってきます。そんな流れでこの本を作りました。

同人誌『平成医療手技図譜 神経編』を大幅に加筆修正した本です。当時入りきらなかった前書きと後書きと、いわゆる古典的ヒステリー(解離性障害と転換性障害)を書き下ろしました。同人誌を持っている紳士淑女諸君は、そこだけでもチェックしてみて下さい。

さて、以前『ねじ子のぐっとくる体のみかた』を出した時に、今年出版した4冊の本をモーニング娘。9期メンバーに例えました。この本は鈴木香音ちゃんにあたりますね。ということは、次は間髪入れずに10期メンバーがごそっと加入するはずです。ほんと?ほんと?うーん、大丈夫なんだろうか。次のお仕事は飯窪さんだな。よし、がんばろう。(2013/11/8)

『パン太郎とチャレンジ!看護クイズカード100』が届きました

『パン太郎とチャレンジ!看護クイズカード100』という本が出ました。本、と言っていいのかな?単語帳みたいで可愛らしい装丁の一品です。

ナース専科コミュニティのクイズマラソンと、「ナース専科」つぶやき隊さんがTwitterで毎日コツコツつぶやいていた看護師さん向けのクイズを再編集して、読みやすくカードにまとめた内容、とのことです。

ねじ子はイラストを提供しています。

kangoquiz100

そうそう、ねじ子のパンダは「上野パン太郎」という名前なのですよ。もちろん由来は恩賜上野動物園です。私は東京の子供でしたから、パンダといえば上野なんです。何時間も行列に並んでトントンを見に行ったなぁ。大混雑の記憶は鮮明にあるのに、肝心のトントンのことは何一つ覚えていません。

ちなみにうさぎさんの名前は「中野うさぎ」といいます。こちらはもちろん、エッセイストの中村うさぎさんからインスピレーションを受けています。不肖ねじ子、中村うさぎさんのニュースを聞くまでStiff person症候群という病名をまったく知りませんでした。病状が好転することを心から願っています。あなたのいない週刊文春は、ひどくさみしい。

(2013/10/31)

『ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson』

ねじ子のヒミツ手技 2nd lesson2010/8/10頃から店頭に並び始めます。いやー、難産でした!でもきっと、とてもいいものができた!よかった!今回は、たくさんの大人達が販売促進のために、色んなことをやってくれています。ねじ子グッズもいろいろあるみたいですよ。私も欲しい。楽しみです。

ねじ子のヒミツ手技1stLesson

ねじ子のヒミツ手技1stLesson
『ねじ子のヒミツ手技』がついに書籍になりました!!!

同人誌『平成医療手技図譜』が商業誌で!!!出ます!やったあ!その名も
『ねじ子のヒミツ手技』です。

『平成医療手技図譜 針モノ編』『管モノ編』をベースに、ナースさん向けのコラムを加筆して書籍化しました。
2009年6月29日に発売されました!わーい、立て続けに子供が産まれるよう。嬉しい限りです。

ねじ子とあんしんマッチング

ねじ子とあんしんマッチング
医師の臨床研修医制度(マッチング)の解説本を出しました!その名も
『ねじ子とあんしんマッチング』です!

詳しくはMEC出版さんのサイトへ。 amazonでも購入できます。

ねじ子は監修とイラストをやっております。書き込み式シートによる自己分析・必要な書類の揃え方&書き方・面接の必勝法など、従来にない内容の「マッチング支援本」になってます。ねじ子の就職活動就活の時にも、こんな本が欲しかった!医学生のみんな、未来は君の力で描こう! (2008.6.13)

マンガでわかる微分積分

マンガでわかる微分積分

ねじ子がイラスト描いた本が出ます!数学の本です!
『マンガでわかる微分積分』

文章はメダカカレッジさん制作。私はイラストを担当しております。大学受験時のことを思い出しつつ、渾身のマンガを描きました。

「呪文や暗号のような公式」「なんの役に立つのかわからないまま、いやいや勉強させられた」と、微分積分、いや数学全体にマイナスイメージがありま せんか?そんな貴方にこそ、ぜひ読んでください。微分積分の入門書としてかなりわかりやすく、かつ可愛らしい本になっています。覚えるのではなく、理解す ること。それこそが重要です。

高校3年生数学レベル(数Ⅲ)を勉強したい方、今さら微分積分をやり直したい方、ちょっと数学に興味がある方はぜひどーぞ。つーかマジ自信作です。数学の本なので多分あんまり売れないけど。商業誌なので本屋さんで買ってね。

この本の制作がものすごい押したせいで、救命救急編の制作が大幅に割を食ったのは内緒です。