ねじ子web

医師兼漫画家 森皆ねじ子

ねじ子のLINEスタンプが発売されています

『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます

久々に数学書のお仕事です。

技術評論社さんから、「ワナにはまらない」シリーズ第2弾『ワナにはまらないベクトル・行列』が出ます。ねじ子は今回も漫画とイラストを担当しています。前作『ワナにはまらない微分積分』の発売から2年、いやあ、今回も大変だった!本が出ることになって、本当に嬉しい!発売日は2015/9/26です。

高校までの数学の知識を使って、ベクトルと行列を説明しています。ベクトルと行列の本なのに、なぜか多項式の剰余定理から始まる独特の目次構成も大上先生ならではだと思います。

なおこの本は、長らく絶版になっていた『四次元の林檎』を大幅に加筆修正したものです。かなりわかりやすく、生まれ変わっていると思います。旧版を持っている方も新たな気持ちで楽しんでいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、旧『四次元の林檎』ファンのために!技術評論社さんが!またも!粋な計らいをしてくれましたよー!拙著をお買い上げの際は、ぜひ表紙カバーを取って、カバーの裏側を確認してみてください。そっちを表紙として使ってくださっても、良くってよ。

次回作は旧『数学のできる人できない人』のリメイクですね。私も楽しみにしています。『ワナにはまらない』数学3部作はかなり長く時間のかかるプロジェクトですが、ようやく先が見えてきました。(2015/9/3)

ねじ子のLINEスタンプが発売されています

ねじ子のLINEスタンプが発売されています。

『ねじ子のヒミツスタンプ 1st Lesson』です。

医療従事者(特にナースさん)が使いやすいように特化したイラストを、たくさん書き下ろしました。こんな感じです↓

LINEstamp1

ねじ子のお気に入りは、同人イベントに参加中のパンダと、コンサートでヲタ芸をしているパンダと、徹夜明けで朝日がまぶしいパンダです。ここらへんは完全に自分の趣味で作りました。私用で使います。むふふ。医療従事者の皆様もそうでない皆様も、ぜひぜひご利用ください。

ねじ子とパン太郎のモニター心電図 発売中

『ねじ子とパン太郎のモニター心電図』が2014年3月23日に発売になりました。

『初心者のためのモニター心電図』を大幅に改訂したものです。前作『初心者のためのモニター心電図』はイラスト提供のみでしたが、今回はそこそこ文章も書いて、絵も描いて、編集にも参加したので、共著扱いになっています。基本的にはナースさんのための、白衣のポケットに入れて持ち歩く本です。

ねじ子オススメは「心筋梗塞の部位診断」のところです。他の本にはない内容になっていると思います。心筋梗塞が起こったときに、心電図を見て「心臓のどこらへんが死んでいるか?」、さらに発展して「では心臓の血管のどこらへんがつまったのだろうか?」を考えるために必要なイメージをたくさん盛り込みました。本書は基本的にナースさんのための本だと述べましたが、PART 1の「心電図のおおざっぱな読み方」およびPART 3の「心筋梗塞部位診断」は、医学生や研修医にも十分役立つ内容になっていると思います。

内容変更にあわせてタイトルも変わりました。不肖ねじ子も嬉々として企画会議にタイトル案を出しまくりました。『ミニマムモニター心電図(略してミニモニ)』、『プッチモニター心電図(略してプッチモニ)』、『ハロー!モニター心電図(略してハロモニ)』、『ドキッ!こういうのがモニター心電図なの?』、『一億三千万総モニター心電図王国』の計5つ。もちろんすべて軽く一蹴され、シンプルかつ無難でわかりやすい『ねじ子とパン太郎のモニター心電図』というタイトルに落ち着いています。世の中って世知辛いですな。いや、これが普通なのか。こういうタイトルが平気で通るハロプロの企画会議がどうかしているのか。アバンギャルドでうらやましい。

装丁・デザインは、小さい本に付箋を貼ったイメージを目指しました。付箋に貼ってある番号をたどって読めば、ゲームブックのように様々なストーリー分岐を楽しむことができます。もちろん頭から順に読んでいってもかまいません。とっても可愛い装丁をして下さったデザイナーの宮内佑さんに感謝です。

『プチナース』4月号・5月号 特集記事に参加してます

 

看護学生さんのための雑誌『プチナース』4月号・5月号で、特集の集中連載をしています。

学生さんが苦手とする「症状」からの考え方を書こう!というテーマです。4月号では「腹痛・胸痛・頭痛」、5月号では「発熱・嘔吐・浮腫」をテーマにして、それぞれの考え方を書きました。

文章を大上丈彦担当、イラストを森皆ねじ子が担当しています。症状という医学の「横糸」から考えるのが苦手な貴方に、ぜひどうぞ。

表紙にもちらっとねじ子&パン太郎がおじゃましてます。しかもおしゃれでかわいいナースさんのイラストの横で、阿呆なまねっこをやっております。そちらもぜひ見てね。

『パン太郎とチャレンジ!クイズカード100 その3 呼吸器と循環器編』(2014/2/28発売)

クイズカードの第三段が出ています。

『パン太郎とチャレンジ!クイズカード100 その3 呼吸器と循環器編』です。今回は呼吸器と循環器です。ねじ子はイラストのみ提供です。

これでクイズカードの企画はいったん一段落、だと思います。

いつもデザインと装丁が可愛らしくて、とても楽しかったです。同人誌ではできない、商業誌ならではの遊び心と自由さを思い出す企画でした。

パン太郎とチャレンジ! 看護クイズカード100 その2 検査と検査値編

『パン太郎とチャレンジ! 看護クイズカード100 その2 検査と検査値編』が出ています。検査編です。2014/1/23発売です。
クイズと解説は、ナース専科さんがメルマガで配信してきた 「看護クイズ」をまとめたものだそうです。
今回もパンダとうさぎのイラストをたくさん使っていただいています。とても可愛い仕上がりです。お値段もお手頃です。

quizcard2

いやはや、まさか第2弾が出るとは思っていませんでした。しかも第3弾も?出るっぽい?
ナース専科の皆さんは企画力が高いなぁ。(2014/1/29)

デジタル絵描きのための色紙の描き方

看護用品・ナースグッズ通販雑誌「ピュアナース」さんが、現在ねじ子フェアをやってくださっています。

ねじ子関連書籍がすべてポイント10倍・送料無料みたいです。ありがたくて涙が出ます。うぅ。

 

 さて、今回ピュアナースさんのために色紙を書きました。心が荒んだときは池袋ジュンク堂の地下へ行き、小畑健先生の『ヒカルの碁』の色紙の前で30分ほど立ち尽くしてハピネスチャージするねじ子のこと、「よし、今回は色紙にカラーイラスト描く!複数キャラ描いちゃうゾ!うふ!」と無駄に意気込んでおりました。しかし、これが思ったより大変。デジタルにすっかり飼い慣らされている人間には、アナログカラーしかも色紙に一発書きは、非常に骨の折れる作業でした。以下、デジタル絵描きのための色紙の描き方(カラー編)を記しておきます。

 ねじ子は普段、サインペンでペン入れするので、下描きを消しゴムで消すことができません。消しゴムで主線が薄くなってしまうからです。そもそも「消しゴムかけ」という作業が大の苦手で、紙をクシャクシャにしてしまうこともあり、消しゴムを使わずにすむ方法をいつも考えています。

 普段は、漫画用原稿用紙に水色シャープペンシルで下書き → ペン入れ → 下書きを消さずにスキャン → Photoshopで青を飛ばす、という処理をしています。

 熱で消えるカラーペン(フリクションカラーズ)を下描きに使って、ドライヤーで一気に消すこともあります。

 しかし、色紙においてこれらの技術は使えません。下書きは必ず!消さなくてはいけません。だって現物をそのまま飾られてしまうから。ここで、これまで培っていた技術がまったく通用しないことに気付きました。水色シャーペンが使えない!フリクションも使えない!フリクションは10℃以下になったら浮き出て来ちゃう!真冬になったら終了する!

 では、次に「普通の黒鉛筆で下描きして、消しゴムで消そう…」と思いました。やってみました。しかし!サイン用のよくある「色紙」は、非常に摩擦に弱く、消しゴムを普通にかけると毛羽立って汚くなってしまうのです!なんてデリケートな紙だ!恐ろしい!普通の黒鉛筆すらも満足に使えません。いやー、参りました。

 試行錯誤の結果、色紙表面のダメージを最小限にするためには

①黒鉛筆で、できるだけ薄く下描きを描く
②ねり消しゴムを優しく叩きつけることによって消す

という手順が一番いいという結論に至りました。すげぇ面倒くさい!!

 おそらく、色紙というのは本来下書きなど一切ナシで、一発で美麗な線を描くためにある画材なんでしょう。しかし私の画力で一発書きなどしようものなら、構図もデッサンも崩れまくって、書店に飾るにはあまりにもお目汚しな作品ができあがってしまいます。小畑先生は筆ペン一本でびっくりするほど美麗な佐為とヒカルを描いていらっしゃいましたが、そんなのは神の所業です。凡人が憧れると怪我します。

 1)まずはデザイン決め。

design

ファミレスのナプキンとかカレンダーの裏とかに、ある程度のデザインを決めます。落書きで結構です。これをやっておかないと、下描きで迷い線が多くなりすぎて消しゴムがけで死にます。

 2)下描き。

shitagaki
色紙はとにかく消しゴムに弱い紙質なので、筆圧を低くして、できれば4Bや6Bの太い鉛筆で下描きをします。

 3)次にペン入れ。

penire
もともとねじ子はPROCKEYというサインペンの愛用者なので、比較的やりやすいです。でも修正は一切できません。完全・一発書きです。アナログですから、undoもctrl+zも存在しないのはもちろんのこと、現品をそのまま飾られてしまうので、修正液やホワイトすらも、おいそれと使えません。こんな恐ろしいことがこの世にあるでしょうか!!あぁ、跡形もなく消えるデジタルの消しゴムが恋しい!おのれがどれだけデジタル機器に依存しているかを実感します。震える手で失敗の許されないペン入れをします。

 4)消しゴムかけ
前述のように、ねり消しゴムをやさしく叩きつけます。細かい作業です。

 5)ベタ塗り

beta
デジタルであればベタ塗りはクリック一発ですが、アナログではそうもいきません。マジックでしこしこと、はみ出さないように塗ります。パンダは思ったよりもベタが多く、パンダを選んだことを後悔したりもします。あぁ、Photoshopの選択範囲にクリック一発のバケツが恋しい。

 6)色付け

coloring
アナログ画材を引っぱり出し、色付けをします。捨てずにもっててよかったコピック。

 7)チーク (※これは私だけ)

cheek
頬に紅色を入れます。キャラクターの頬に紅を入れるのがねじ子は大好きです。気合いが入ります。リアルの化粧ではチークなんてここ10年くらい使っていませんが、イラストでは一番真剣になる場面です。赤鉛筆をカッターで削って、粉末を綿棒につけ、円を描くようにこすりつけます。つけ過ぎた!と思ったら、薄くします。これもリアル化粧と同じです。先程と同様にねり消しゴムをやさしく叩きつければオッケーです。

 8)判子を押して完成。

kansei
判子や日付など、こまごまとした仕上げをして完成です。

 最近のマンガ原稿の主流はもう「下描きからデジタル」ですね。アナログ漫画を製作する技術はどんどん失われていくのだろう、と思っていました。画材屋さんのアナログマンガ用品売場も、日に日に狭くなってます。寂しいけれどもそれが時代の流れなんだと思っていました。しかしこんなところにまだまだ、アナログ全開の作業が残っていたんですね!青い鳥はこんなところにいたんだね!まだまだアナログ画材、捨てられないよ!

 ワード・プロセッサがいくら普及しても鉛筆と原稿用紙が完全に無くなることはないように、アナログ漫画技術が完全に不要になることも決してないんだろうなーと実感したねじ子でした。(2013/11/30)

『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』

『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』が出ました。

2013/11/11発売です。書店には2013/11/8くらいから並び始めています。

脳と神経は、人が人であるために最も重要な臓器です。私が私であることの、唯一の根拠である臓器とも言えます。その脳と神経が壊れてしまったとき、医者はどのようにそれを見るか?というお話です。

脳と神経は機能が複雑で、診察の方法もいっぱいあります。手技を丸暗記しようとしても、なかなか覚えられるものではありません。でも、情報の「インプット」と「アウトプット」の流れにそって考えると、病気の状態も理解しやすくなりますし、「今ほんとうに必要な手技」が思いつくようになってきます。そんな流れでこの本を作りました。

同人誌『平成医療手技図譜 神経編』を大幅に加筆修正した本です。当時入りきらなかった前書きと後書きと、いわゆる古典的ヒステリー(解離性障害と転換性障害)を書き下ろしました。同人誌を持っている紳士淑女諸君は、そこだけでもチェックしてみて下さい。

さて、以前『ねじ子のぐっとくる体のみかた』を出した時に、今年出版した4冊の本をモーニング娘。9期メンバーに例えました。この本は鈴木香音ちゃんにあたりますね。ということは、次は間髪入れずに10期メンバーがごそっと加入するはずです。ほんと?ほんと?うーん、大丈夫なんだろうか。次のお仕事は飯窪さんだな。よし、がんばろう。(2013/11/8)

『マンガでわかる統計学』の台湾版が出ました

ソフトバンク親書『マンガでわかる統計学』の台湾版が届きました。

mantou-taiwan1

漢字です。マンガの吹き出しが縦読みで、日本語と同じなので、左右反転はされていません。韓国版、中国版、台湾版と並べてみると、アジア各国で少しずつ漫画の視線誘導が違っているのがわかります。面白いですね。

「台湾は漢字なのか。じゃあ銀魂のサブタイトルタイトル風にしたコマはどうなっているんだろう!?作るの楽ちんなはず!」とワクワクして見てみたら…

元↓
mantou-taiwan3

台湾版↓

mantou-taiwan2

……うーん、これでは銀魂のサブタイトルっぽさがまったく伝わらないっすね。まぁいいっすけど。(2013/10/31)

『ねじ子のぐっとくる体のみかた』初版 誤記訂正

『ねじ子のぐっとくる体のみかた』の増刷が早々に決定しました。大変ありがたく思っております。

しかし増刷が決定したあとに、間違いを発見しました。あらま。

p123の肛門鏡の使い方です。右手にペンライトを持たないと、暗くて何も見えません。

訂正が間に合わなかったので、p123だけ掲載します。初版と第2版をお持ちの方は個人的に差し替えてください。

3刷以降は訂正が反映できると思います。

koumonkyo

夏のコミケには間に合わないでしょうから、冬のコミケにでもお役立てくださいね。あ、違った。臨床現場でお役立て下さい。(2013/08/09)